壁-1グランプリについて

壁-1グランプリ(カベワンGP)とは、2体の木造耐力壁の足元を固定した状態で桁を互いに引き合わせ、どちらか一方の壁が破壊するまで行う対戦形式のトーナメント大会です。

例年、20チーム弱で予選を戦い、決勝戦に進出した上位8チームで、施工性・デザイン性・耐震性・環境性などを基準に対戦を行います。

参加チームは、専門学校・大学・ハウスメーカー・プレカット会社など様々で、耐力壁も金物を使用しない伝統的なものから、アイディアに溢れる革新的なものまでそれぞれのチームの思想に基づいて設計を行います。

カベワンGPは、20年続いてきた「木造耐力壁ジャパンカップ」を前身としたイベントです。アーカイブからジャパンカップの記録を見ることができます。

また、大会を通じて、一般の方に木造建築における最新の技術を知ってもらうことや木材に関わる人材の育成と技術の発展を目指しております。

壁-1グランプリ2018
主催:壁-1グランプリ実行委員会
協賛:株式会社シネジック・東京木場製材協同組合・株式会社ポラス暮し科学研究所・株式会社アキュラホーム
助成:国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」
後援:公益財団法人日本住宅・木材技術センター・NPO木の建築フォラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする